« 5000万円ポン | トップページ | 背番号13 / アスレチックス 藪恵壹 »

2005.01.08

Hymns of the 49th Parallel / k.d.lang

49th1992年の Ingenue までは、僕は k.d.lang のとてもヘビーなリスナーだったが、それ以降というのは、彼女のアルバムは一応聴いていただけだった。しかし前作の Tony Bennett との合作あたりから、新しい道に来たような気がする。本作は、Neil Young、Joni Mitchell、Leonard Cohen など、カナダ出身の人のカバーがコンセプトになっている。彼女はシンガーとしても素晴らしい人なので、元の楽曲の良さが一層ひきたつような出来となっている。

|

« 5000万円ポン | トップページ | 背番号13 / アスレチックス 藪恵壹 »

コメント

k.d.Langのこのアルバムは本当にすばらしいと思います。

投稿: Magic | 2007.07.19 23:57

Magic さん、はじめまして、コメントどうもありがとうございます。このアルバムいいですよね。晩春から初冬にかけて似合うアルバムなのではないかと思います。彼女の singer としての実力を聴かせてくれるアルバムですね!

投稿: こもり | 2007.07.21 17:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32316/2506064

この記事へのトラックバック一覧です: Hymns of the 49th Parallel / k.d.lang:

» K・D・ラングのコンサートに行ってきた [THE WATERMELON BOOTLOG - A Masanori Furutani BLOG -]
昨日は東京国際フォーラムに、嫁さんに連れられてK・D・ラングのコンサートに行ってきた。 僕はこの人のことはほとんど知らないのだが、写真を見る限りスラっとし... [続きを読む]

受信: 2005.02.26 17:31

« 5000万円ポン | トップページ | 背番号13 / アスレチックス 藪恵壹 »