« 駒大苫小牧が夏の甲子園大会連覇 | トップページ | 友好祭2005 / Yokota Air Base »

2005.08.21

衆議院総選挙2005

巷では9月に投票を控えた衆議院選挙の話題で盛り上がっている。
投票率も上がりそうだ。
投票率が上がるということは、より多くの民意が反映される、という点でも、組織票の価値が下がる、という点でも良いことだと思う。驚くような高い投票率を期待したい。
数年前から日本も大きな2つの政党からどちらかを選択する、という構図になってきているが、その2つ、自民党と、民主党のマニフェストが公開された。どちらも分かりやすくなるように意図されており、政策を検討するときに利用したいと思う。
個人的には、今回の選挙の争点を項目化し、重み付けをして、自民・民主両党の方針を比較して最終的に好ましい方に投票するつもりでいる。誰かが言っていたが、選挙というものはあくまでもベターな方を選ぶものであって、絶対的にすべてが好ましい、なんてのはあり得ない。とにかく、あと3週間良く検討して、悔いのない1票を投じたい。

|

« 駒大苫小牧が夏の甲子園大会連覇 | トップページ | 友好祭2005 / Yokota Air Base »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院総選挙2005:

« 駒大苫小牧が夏の甲子園大会連覇 | トップページ | 友好祭2005 / Yokota Air Base »