« Match Game / Marti Jones | トップページ | US 滞在中 »

2007.11.11

R.E.M. Live

Rem_liveR.E.M. のライブアルバム。シングルの B面や、アルバムのボーナスではライブの演奏は聴くことが出来たが、トータルアルバムとしては初めてのライブ盤。このアルバムが凄いのは、CD のアルバムと同じセットの DVD が入っていること。その分、特に日本国内盤は値段が高い (5250円) のだけど、彼らの本領の一つは歌詞にあるので、日本国内盤を買って、ライナーノートと対訳をじっくり見ながらのライブ鑑賞もいいと思う。(「ながら」では聴けませんけどね)。

2005年の 「Around the Sun」ツアーと言えば、日本に来たのもこのときであり、格好いいステージのライティングなどはあの時の感激を思い出させてくれる。R.E.M. 以外のメンバーも、Ken、Bill、Scott と、おなじみの顔ぶれで、違和感は全く感じられない。Set List は武道館のライブのときもそうだったが、何かを考えさせたり訴えたりしている曲 (Cuyahoga や、I Wanted to Be Wrong、Final Straw など) と、いわゆる鉄板の曲とが、流れの中で入れ替わる。

海外のライブを見ていていつも羨ましく思うのは、それは観客の大合唱が聞けること。Everybody Hurts、Losing My Religion、Man On the Moon などは、マイケルが歌わなくてもいいほどの観客の声。いつか日本でもこのような状態になればいいのにな、と思う。

Imitation of Life の曲紹介では、アイルランドでの公演にも係わらず、「日本のラジオチャートで初めて1位になった」の説明が。よっぽど嬉しかったのだろう。懐かしの 2nd アルバムからの (Don't Go Back to) Rockville では、この曲を作ったと言われるマイクがボーカルを取り、爽やかな歌声も聞くことができる。ゲスト参加して、この曲を幸せそうに弾いている Thrills というバンドのダニエルさん。R.E.M. が好きなんでしょうなぁ。今度 Thrills も聴いてみよう。

あと、このジャケットは好みの分かれるところかもしれない。

|

« Match Game / Marti Jones | トップページ | US 滞在中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32316/17055740

この記事へのトラックバック一覧です: R.E.M. Live:

« Match Game / Marti Jones | トップページ | US 滞在中 »